ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > 平成27年度環境月間ポスター特選入賞者

平成27年度環境月間ポスター特選入賞者

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月1日更新

環境月間ポスター概要

   環境月間ポスターの募集は,6月の環境月間に合わせ,児童・生徒がポスター作成を通じて,環境への関心と環境保全についての理解と認識を深めることなどを目的に,毎年開催しています。
 今回も「小学生の部」「中学生の部」及び「高校生の部」に分けて,平成26年12月から平成27年3月にかけて,学校や個人等から募集を行いました。
 本年度の応募状況は,小学生の部で404点,中学生の部で202点,高校生の部で55点,合計で応募総数661点でした。

特選入賞者作品(県知事賞)

syougakuseinobu

「川をたいせつに」

山折 ふじ央(広島市立可部南小学校1年)

家の近くの水路に,ざりがにがいました。

去年の夏休みに,小学校のお兄さんとお姉さんと,ざりがにをつかまえて

遊びました。

わりばしに,たこ糸を結んでクリップをつけて,えさにするめをつけました。

楽しかったです。

また今年も夏になったら,ざりがにつりをしたいです。

tyuugakuseinobu

「ストップ 温暖化!」

窪田 果琳(広島市立国泰寺中学校3年)

学校の授業で,地球の温暖化について学習しました。そして,北極や南極の氷が解けだして,そこに暮らしている生き物たちが絶滅するかもしれないということを知りました。

地球温暖化を止めるのは簡単ではないけれど,ゴミを減らしたり電気のムダ使いをしないことなど,私たちが取り組めることを実践して地球や生き物たちを守ることにつなげられたらいいなと思いました。

koukouseinobu

「ひとりひとりの力でSTOP」

池田 瑞(広島県立福山誠之館高等学校2年)

私は,このポスターを描くにあたり,「酸性雨」をテーマとしてとりあげました。

溶けている地球は,酸性雨の被害を受けている自然環境を表しています。

人々が酸性雨を防ごうと努力する様子を傘を持って雨を防ぐ人間という形で表現しました。

酸性雨から地球を守るために,国境を越えた多くの人々の協力が必要であることを,このポスターを通じて伝えようと思いました。

 

 

 

 

 

26年度の作品はこちらです。

環境学習のトップページへ

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。