ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

体験型環境学習ハンドブック:体験学習法とは・・・

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月22日

1.体験学習法とは

 一般的に、「体験学習」と言えば、日常的な学習環境である教室や職場などにおける一方的な知識の伝達とは異なる環境での体験を通して、態度変容や能力の拡張などの学習効果を期待するものを総称しています。例えば、農村での田植えや収穫体験、青年の船などの洋上研修も体験学習をしたとされていますし、学校教育では、児童の発達段階に応じた動物の飼育、植物の成長観察も体験学習とされている例もあります。
 その中で『体験学習法』とは、何らかの体験をすれば、そのことだけで学習したとするものではなく、

体験によっての気づきにこだわり、共に体験した人と気づいたこと、感じたことをわかちあい、その解釈から学びを深めて、次の行動へと生かしていく循環過程として構造化される教育法

を表します。
 「体験をしたらそれで良い」というものではなく、その体験を振り返り、体験者相互でわかちあうことで、その効果が高まります。
 また、体験学習法を行う際には、以下のような前提条件があります。

これだけは知っておこう

2.プログラムの組み立てと流れ

 体験学習の具体的なイメージとしては、「アクティビティ」と「プログラム」という言葉で表されます。
 「アクティビティ」とは、個々の具体的な目標やねらいを持った最小単位の活動のこと、「プログラム」とは、ひとつひとつのアクティビティを組み合わせて、一連の流れ、つながりを持たせた全体を示します。例えば運動会の場合、運動会の個々の種目(リレー、綱引きなど)が「アクティビティ」、それぞれの種目の流れなどを考えて作った運動会全体が「プログラム」となるわけです。アクティビティによっては、「アクティビティ=プログラム」というものもあります。

 「プログラム」を組み立てる場合、単にゲームやレクリェーションで終わってしまわないように、体験学習法の重要なポイントである「導入→体験→ふりかえり→わかちあい→実践へ」の流れを念頭において、アクティビティを組み合わせていきましょう。

プログラムを組み立てるポイントは?

●「プログラム」全体の目標やテーマを決める
一連の流れで組み立てをするので、統一の目標やテーマがある方が、まとまるでしょう

●対象者の年齢、レベル、ニーズを考える
より効果的な学びにするために、対象者にあったプログラムを提供しましょう

●時と場所を選ぶ
同じアクティビティでも、時と場所が変われば展開が異なります。視点を変えてみましょう

●アクティビティをもとに、つながりと流れを考えよう
個々のアクティビティのねらいをもとに、つながり・流れを作り、全体の目標が達成できるように工夫します

●プログラム運営に配慮しよう
運営時に、プログラムのねらいに外れるような行為があっては台無し!特に実施後は注意!

導入:興味づけ→展開:プログラムの中心→ふりかえり・わかちあい・実践吹き出し上
導入では、活動が活発化する雰囲気
づくりや、興味が湧くような内容に
なれば良いですね。どんなに短くても、
必ず「ふりかえり・わかちあい」の
時間を持ちましょう。
この流れはプログラムだけでなく、
アクティビティを実施する際にも
活用しましょう。
吹き出し下
プログラムを組み立てよう

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする