ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

プログラムデザインって?

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月22日

1.プログラムデザインとは…

 アクティビティデザイン編でも紹介していますが、「アクティビティ」とは、個々の具体的な目標やねらいをもった最小単位の活動のこと、「プログラム」とは、一つひとつのアクティビティを組み合わせて、目的をもった一連の流れをもたせた全体の活動のことを示します。
 プログラムデザインには、「プログラムを作ること」「企画すること」の2段階があります。プログラムを作る場合は、数日間または数時間を一連の流れをもたせてアクティビティを組み合わせます。また企画は、どのようなプログラムを行うかを決めていくことです。プログラムの作り方は、アクティビティデザインを発展させた形になります。
 ここでは、事業を展開するのに必要な『事業企画の立て方』について、順を追って解説していきます。

プログラム
デザイン
プログラムを作るテーマに沿った流れ
アクティビティの組み合わせ
事業企画を立てる「思い」を「カタチ」に
どのようなプログラムを行うか

事業企画の立て方を解説します

2.企画とは…自分の思いはどのぐらいカタチになっているかな?

 企画は、「思いをカタチにすること」と言われています。
環境学習の意義をふまえて、どのようなプログラムを行う
かを決めていく際に、『思い』を具体的に落とし込むこと
が「企画」なのです。
 企画の良し悪しは

 「自分の自然や環境学習に対する思い」 
 を
 「事業というカタチ」にいかに落とし込めるか

にかかっています。
 その落とし込み方が企画の手順であり、それをきちんと学ぶことが良質な事業展開をするために、とても重要になります。 

3.発想を豊かにするためのヒント

 企画の立て方には、さまざまな方法があります。頭の中で考えて全てを組み立てていく方法や、ある決まった様式に当てはめながら組み立てていく方法などがあります。いずれにしても、発想を豊かにし、固定観念にとらわれない自由な思いつきが、良い企画へのヒントとなります。
 ここでは、発想を豊かにするための『マンダラ発想法』について紹介します。

マンダラとは…

 真ん中のセルにキーワードを書き込み、そのキーワードから連想される事柄(言葉)を残りのセルに入れて、発展させていくもの。
 言葉を図式化していくことで、広がった発想同士の関連性が見えやすくなる。

マンダラって?

オリジナルな展開を考えてみよう

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする