ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

体験型環境学習ハンドブック:はじめに

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月22日
 環境教育・環境学習は、その必要性が高まるなかで、「体験」を重視するとともに、「地域」に根差し、「地域」から広がることが求められています。
体験型の環境学習の取組みは各地で始まっていますが、実際の指導の際には、どのように「体験」を重視し、それをどう「地域」につなげるのか、まだまだ試行錯誤の状態ではないでしょうか?

 本書は、指導者が体験型の環境学習を実施するうえで、プログラムをデザインするためのハンドブックとして作成しました。
 個々の活動であるアクティビティづくりから全体の企画まで、そのプロセスを追うことで、参加者による主体的な「体験」を導くとともに、「地域」に根差したオリジナルのプログラムを作るマニュアルになるものです。
 地域や学校などで活用していただき、さまざまなテーマやあらゆる年齢層、そして幅広い立場の人々を対象とした体験型の環境学習を実施していただければ幸いです。

 環境学習の視点である、参加者の「感性」を育み、「理解」を促し、「行動」へと展開するとともに、家庭から地域の環境保全へ、さらに地球環境保全へと、体系的・継続的な取組みにつなげていきましょう。

 なお、このハンドブックは、平成12年度に「環境教育指導者養成セミナー」として実施した「アクティビティデザイン」と「プログラムデザイン」の各コースをもとに取りまとめています。
 全国規模でみると、同様の指導者向けのセミナーが定期的に開催されていますので、地域での実践を踏まえながら、これらの機会も活用してください。  

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする