ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ecoひろしま~環境情報サイト~ > 平成27年度有害大気汚染物質モニタリング結果について

平成27年度有害大気汚染物質モニタリング結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月7日更新

1 概要

 県内の有害大気汚染物質による大気の汚染状況を把握するため,モニタリングを実施した。
 環境基準が設定されているベンゼン等4物質については,環境基準を達成していた。また,指針値が設定されているアクリロニトリル等9物質についても,指針値を超過したものはなかった。

2 調査内容

  1. 調 査 項 目 : ベンゼン等有害大気汚染物質21物質
  2. 調 査 時 期 : 平成27年4月~平成28年3月 (1回/月)
  3. 調 査 地 点 : 6地点(一般環境:1地点,沿道:1地点,発生源周辺:4地点)
     ※一般環境    : 発生源周辺地域及び移動発生源(沿道)の影響を受けない地域
     ※発生源周辺 : 大気中の有害物質を排出している可能性のある工業地域等の周辺地域

3 調査結果

 調査結果は次のとおりであった。(詳細は別紙のとおりです。 (PDFファイル)(156KB)

環境基準が設定されている物質
物 質 名地点数調査結果
≪各地点の
年平均値の範囲≫
環境基準
(年平均値)
単位
ベンゼン6

0.92~1.0

3μg/㎥
トリクロロエチレン60.027~0.18200
テトラクロロエチレン60.034~0.13200
ジクロロメタン60.83~20150

測定結果の概要

 ベンゼン

 大気中のベンゼン濃度の推移は,図に示すように,多少の増減はあるが,調査開始時に比べると,大幅に低下した。
 ベンゼンは,自動車排ガスが主な発生源と考えられており,平成9年から平成11年の大幅減は,平成12年のガソリン中のベンゼン濃度規制に対する業界の早めの削減努力が主要因と考えられる。
 最近は,下げ止まり傾向にある。また,沿道は一般環境よりもやや高い傾向にある。 

ベンゼン

 トリクロロエチレン 

 トリクロロエチレンは,若干の増減はあるが,長期的には低下傾向にある。全国平均と比べると,低い濃度で推移している。沿道では,平成22年度に,全国平均をわずかに超えていたが,平成23年度には下回った。

トリクロロエチレン

 

 テトラクロロエチレン 

 テトラクロロエチレンは,全国平均値が減少傾向であるのに対し,ほぼ横ばいで,全国平均値よりも低い濃度で推移している。平成22年度は,全国平均値をわずかに上回ったが,翌平成23年度は,減少に転じた。

 この物質は,代替フロンとしての利用が最も多く,ドライクリーニングの溶剤や,精密機器や部品の加工等に使用されるが,PRTRの届出状況からは,周辺には,増加の直接の原因となる工場等はなかった。

テトラクロロエチレン

 ジクロロメタン

 ジクロロメタンの経年変化は,若干の増減はあるものの,長期的には減少傾向にあり,全国的にも低い濃度で推移している。

ジクロロメタン

 

指針値が設定されている物質
物 質 名地点数調査結果
≪各地点の
年平均値の範囲≫
環境基準
(年平均値)
単位
アクリロニトリル6

0.023~0.98

2μg/㎥
塩化ビニルモノマー6

0.014~0.034

10
クロロホルム60.12~0.3118
1,2-ジクロロエタン60.10~0.301.6
1,3-ブタジエン60.080~0.162.5
水銀及びその化合物

3

1.7~2.140ng/㎥
ニッケル化合物

3

3.2~5.625
ヒ素及びその化合物31.5~3.86
マンガン及びその化合物315~30140

(注1) 環境基準とは,環境基準法に定められた,人の健康を保護し,及び生活環境を保全する上で維持されていることが望ましい基準のこと。
(注2) 指針値とは,環境基準が設定されていない物質において,有害大気汚染物質による健康リスクの低減を図るために国が定めた数値のこと。
(注3) 1μg(マイクログラム)=10-6g(100万分の1グラム),1ng(ナノグラム)=10-9g(10億分の1グラム)

「有害大気汚染物質について」のページに戻る

大気・水・土壌環境のトップページへ 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。