ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

平成13年度有害大気汚染物質モニタリング結果について

印刷用ページを表示する掲載日2012年2月15日

1 概要

 県内の有害大気汚染物質による大気の汚染状況を把握するため,モニタリングを実施した。
 環境基準が設定されているベンゼン等4物質については,環境基準を達成していた。

2 調査内容

  1. 調 査 項 目 : ベンゼン等有害大気汚染物質19物質
  2. 調 査 時 期 : 平成13年4月から平成14年3月 (1回/月)
  3. 調 査 地 点 : 4地点(一般環境:1地点,沿道:1地点,発生源周辺:2地点)
     ※一般環境 : 発生源周辺地域及び移動発生源(沿道)の影響を受けない地域
     ※発生源周辺 : 大気中の有害物質を排出している可能性のある工業地域等の周辺地域

3 調査結果

 調査結果は次のとおりであった。(詳細は別紙のとおり (PDFファイル)(17KB)。)

環境基準が設定されている物質
物 質 名地点数調査結果
≪各地点の
年平均値の範囲≫
環境基準
(年平均値)
ベンゼン4

1.5μg/㎥~3.3μg/㎥

3μg/㎥
トリクロロエチレン40.12μg/㎥~0.44μg/㎥200μg/㎥
テトラクロロエチレン40.17μg/㎥~0.90μg/㎥200μg/㎥
ジクロロメタン40.85μg/㎥~1.5μg/㎥150μg/㎥
 

(注1) 環境基準とは,環境基準法に定められた,人の健康を保護し,及び生活環境を保全する上で維持されていることが望ましい基準のこと。
(注2) 1μg(マイクログラム)=10-6g(100万分の1グラム)

「有害大気汚染物質について」のページに戻る

 大気・水・土壌環境のトップページへ

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする