ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

2008年2月24日の調査実施状況 -廿日市市宮島町大砂利海岸-

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月21日

◆資料◆

 ◆調査当日の様子◆

集合

 集合

宮島に渡る前から,少し雲行きが怪しい状況。北の空には雪が舞っているのが判りました。

調査準備

調査準備

フェリーで渡ってから,車で30分移動。寒いので,早く調査を終えようと,てきぱき準備です。

調査範囲の確認

調査範囲の確認

前回と同じ調査範囲になるよう,ロープを張ってブロック分けをしました。

ライン調査

ライン調査

岩をいろんな角度から観察して,生物の種類と数を確認しました。。

まとめ

 今回は,冬季ということもあって,生物の数は減っているように思われた。一方で,海藻類は特に潮下帯を中心に繁茂していた。汚れた海の指標生物,ムラサキイガイやマガキの数は少なく,カメノテなどの指標種が多数みられる海域である。

◆主な感想・意見◆

  • 冬季で干潮が遅いため,潮間帯の下部に生息しているものは,調査の時間が足りなかった。(PVの会)
  • 以前に比べて調査人数が増えて盛り上がっているのが,嬉しかった。 (学生)
  • 事前に勉強会を行っていて,勉強になった。(学生)
  • 調査対象種が多く,大変だったが実際に調査を行って,これまでの自分たちの調査方法の改善に役立てたい。(学生)

◆調査データの概要◆

(1)生物量調査

きれいな海に多いケガキは見られなかった。
その他の調査生物種のうち,きれいな海に多くみられる種は,他の海岸と比べて少ないと感じられた。
カメノテは多数見られ,生息場所も面的に偏っており,最適な生息環境があると思われる。

(2)漂着ごみ

ゴミ,漂着物は,生活系の割合が多い。産業系では,カキ筏の部材が多いのが特徴的であった。

 結果の概要

◆海岸・干潟生物調査マニュアル(従来の調査方法)に基づく「水の汚れ」具合の判定◆

調査地点廿日市市宮島町
大砂利海岸
調査日時平成20年2月24日(日曜日)
13時00分から18時00分
指標生物名点数チェック指標生物名点数チェック
ケガキ20×ヒジキ10
アオガイ19×オオヘビガイ9
ムラサキインコガイ18×イボニシ8
イロロ17ヒザラガイ7
イワヒゲ16アナアオサ6
クロフジツボ15マガキ5
カメノテ14ムラサキイガイ4
イシゲ13シロスジフジツボ3
マツバガイ12ツノマタ(褐色タイプ)2×
ウミトラノオ11タテジマフジツボ1×
チェック欄の○印の数(N)15<評価>
1 きれいな海(76点から100点)
2 少しよごれた海(51点から75点)
3 よごれた海(26点から50点)
4 大変よごれた海(0点から25点)
○印の点数の合計(T)150
平均点(T÷N)10
評価点(平均点×8)80
評価
 
Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする