ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業 > 商業・工業 > 第二種電気工事士免状の交付を受けるとき

第二種電気工事士免状の交付を受けるとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月1日更新

申請該当者

  • 第二種電気工事士の試験に合格された方,電気工事士養成施設を修了された方
  • 広島県に住民票登録をされている方

必要書類一覧

提出書類など

諸注意事項

電気工事士免状交付申請書
※ページ下部よりダウンロードできます。 

自署でない場合には押印が必要です。
住所は住民票のとおりに記入してください。
電話番号は日中連絡が取りやすい番号(携帯など)を記入してください。

申請手数料 5,200円

必要書類と合わせて県庁窓口へ持参または郵送(現金書留)により現金で納付してください。

第二種電気工事士試験結果通知書
 または
電気工事士養成施設修了証明書

試験合格の場合は白色のハガキ養成施設修了の場合は修了証明書(コピーは不可)

※試験結果通知書を紛失した場合は (一財)電気技術者試験センターに問い合わせて試験結果通知書再発行の手続きをしてください。

写真枚(縦4cm×横3cm)
(裏面に氏名を記入)

申請書提出前6か月以内に撮影したもので,フチなし,無帽・無背景・画質が鮮明で本人の顔が正面からはっきり確認できるもの(普通紙に印刷したものは不可)。

※申請される前に

  1. 枚数(
  2. 大きさ(縦4cm×横3cm
  3. 裏面に氏名記入

を再度ご確認ください。

返信用封筒(切手不要)
 完成した免状を郵送する際に使用する封筒です。受け取りに都合の良い住所を記入してください。

  1. 長形3号(12cm×23.5cm)
  2. 郵送先の住所,氏名(申請者名)を記入してください。
  3. 会社などに郵送する場合,あて先に会社名と申請者名を併記してください。
  4. 複数人まとめて申請する場合であっても申請者1人につき1枚ご用意ください。

注意事項

※住民票は原則不要です。【住所などの確認が住民基本台帳ネットワークによりできない場合は,住民票の提出を求めることがあります】

※免状は交付申請を受け付けてからおおむね3週間以内に郵送します
【試験合格発表直後(9~10月,1~2月)は混みあうことがあります。】

受付・問合せ窓口

必要書類をそろえて,下記へ持参または郵送(現金書留)してください。

 ※郵送(現金書留)時には,手数料と必要書類を同封してください。(写真以外は折りたたみ可)

【申請先】 〒730-8511 広島市中区基町10-52 広島県 商工労働局 イノベーション推進チーム 計量検定グループ
【電話】 082-513-3336(ダイヤルイン)
【Fax】 082-223-6314
【場所】 広島県庁 東館2階
【受付時間】 8時30分~12時 13時~17時15分(土・日・祝日及び12月29日から翌年1月3日までを除く)

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ