ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ひろしま県民だより(平成28年4月号まで) > [[site_menu_name_now_link]] ひろしま県民だより 平成27年8月号(特集2「"今"やらんといけんじゃろ!!」)

  • トップページ
  • 特集1 けんみん調査隊
  • 特集2 ”今”やらんといけんじゃろ!
  • 教えてっ!湯崎知事
  • ひとコマニュース
  • お知らせ
  • プレゼントコーナー

“今”やらんといけんじゃろ!

今回のテーマ 防災・減災対策

徹底した防災・減災対策で災害に強い広島県へ。

昨年8月の土砂災害では、74名もの尊い命が失われました。再びこのような被害を発生させないため、県では全力で復旧・復興に取り組むとともに、「災害に強い広島県」をめざしハード整備を計画的に進めています。また、いざという時に県民一人ひとりが命を守るための適切な避難行動をとれるよう、「みんなで減災」県民総ぐるみ運動をスタートさせ、ハード・ソフト両面での一体的かつ総合的な防災・減災対策を行っています。

8.20土砂災害 砂防・治山に関する施設整備計画(平成26年12月2日公表)


国・広島市と連携し、復旧工事を進めています

発災直後から国・県・市で連携を図るとともに、12月に策定した「8・20土砂災害 砂防・治山に関する施設整備計画」に基づき計画的に事業を実施しています。これまでに、大型土のうの設置や砂防・治山ダムの緊急除石などの応急復旧を全て完了し、現在、砂防・治山ダムやがけ崩れ防止対策等の緊急事業を進めています。このうち、県関係の21か所についてはすでに着工し、一部は完成間近(写真)となるなど、平成27年度末までの完成をめざし取り組んでいます。緊急以外の通常事業についても、今年度より測量設計を実施し、早期の着工をめざします。
国・広島市と連携しながら、被災地の一日も早い復旧・復興と災害に強い県土の実現へ向け取り組んでいきます。

復旧工事の状況(平成27年7月現在)

復旧事業のイメージ

ただいま運動展開中!広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動 災害死ゼロへ向け、今年4月から5つの「行動目標」による県民総ぐるみ運動をスタート!平成32年度を目標年次とする具体的な「行動計画」を今秋には策定予定!


アクション1 知る ←まずはここから!

身の回りの災害危険箇所や災害の種類に応じた避難場所・避難経路を知りましょう。また、災害発生の危険を知らせる情報、前ぶれの意味、情報の入手方法等とともに、災害発生時の状況に応じた適切な行動の種類等を知りましょう。

避難場所を知るイラスト


アクション2 察知する

テレビやラジオ、インターネットや防災情報メールなどで危険を知らせる気象情報・避難情報を確認しましょう。

気象情報・避難情報を確認するイラスト


アクション3 行動する

安全な場所に移動する、屋内で安全を確保するなど、自分で判断して適切な行動を取りましょう。

安全な場所に移動するイラスト


アクション4 学ぶ

学校、職場、地域で行われる防災教室や防災訓練などに参加して、災害から命を守る方法を学びましょう。

防災訓練に参加するイラスト


アクション5 備える

懐中電灯、ラジオ、常備薬など非常持出品の準備や、連絡体制の構築など地域住民のつながりを強めておきましょう。

非常持出品のイラスト

【お問い合わせ】減災対策担当 TEL.082(513)2781 砂防課 TEL.082(513)3942
詳しくは「みんなで減災」県民総ぐるみ運動




知っとこ! ひとコマニュース がん検診なぜ受けぬ

がん対策日本一の広島県の実現へ早期発見が命を救います!

今すぐがん健診を受けましょう!

広島県がん啓発特使 デーモン閣下がお役立ち情報配信。「閣下Eメール」会員募集中。

日本では2人に1人が罹患するがん。早く見つかれば、その生存率は9割を超えます。がんの恐ろしいところは初期には自覚症状がほぼない点。健康だから大丈夫と他人事のように考えず、健康な時こそ検診を受けましょう。広島県では「閣下Eメール」を開設し、がん検診等の情報を月2回程度配信しています。居住地域に応じた地域の検診日程も配信されますので、まずは会員登録を。

詳しくは閣下Eメール

自分と自分の大切な人のためにも、定期的にがん検診を。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。