ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ひろしま県民だより(平成28年4月号まで) > [[site_menu_name_now_link]] ひろしま県民だより 平成26年10月号 特別号(防災・減災の取組について)

  • トップページ
  • この度の災害に係る県の対応について
  • 防災・減災の取組について
  • 安全対策などの災害に関する情報

ハード・ソフト一体となった防災・減災対策の推進

広島県では防災・減災対策として、砂防ダムや堤防などのハード対策に加え、土砂災害警戒区域の指定や防災意識の醸成などソフト対策も推進し、ハード・ソフト両面から一体的かつ総合的に取り組んでいくこととしています。ここでは、主にソフト対策について掲載しています。

防災・減災の取り組みについて1 県民総ぐるみ運動

新たな県民運動

 災害時の被害を最小限に抑えるためには、ハード・ソフト両面での取組をこれまで以上に強力に進めていくことに加え、県民の皆様に、自らの判断に基づく「命を守る行動」や、地域ぐるみで安全を確保する行動をとっていただくことが大切です。このため、県民の皆様に取っていただきたい「命を守る行動」、「普段から備える行動」を柱とした県民総ぐるみ運動を来年度から展開していきます。

目指すべき姿“災害死ゼロ”災害に強い広島県の実現行動目標 命を守るために、県民自ら、災害の危険性を『知り』、災害発生をいち早く『察知』し、適切に『行動』できるとともに、普段から、災害を『学び』、災害に『備える』。

主な検討項目

「命を守る行動」1.知る●危険箇所の共有●普及啓発の強力な推進 2.察知する●情報入手方法の周知●情報提供手段の拡充●自主避難の判断基準となる情報源の拡充 3.行動する●避難方法の確立と避難場所の周知「普段から備える行動」1.学ぶ●防災教育の推進●自主防災活動の促進 2.備える●防災グッズの常備●地域住民による安全確保●災害に強い建築物の促進

防災・減災の取り組みについて2 危険から身を守るための情報の取得

 「広島県防災Web」では、雨量、河川の水位などの観測情報や、避難勧告・避難所開設等の緊急ニュース、台風や地震、津波などの気象情報等をまとめて入手することができます。土砂災害の危険箇所や高潮・津波の浸水想定図などの情報もここから確認できます。

広島県防災Web

[広島県防災Web] http://www.bousai.pref.hiroshima.jp

自分の住んでいる地域のどこにどんな危険があるかを知る

 「土砂災害ポータル」では土砂災害警戒区域・特別警戒区域図など、また「高潮・津波災害ポータル」では高潮や津波の浸水想定図などを見ることができます。これらの図面を確認することで自分の住んでいる地域のどこにどんな危険があるかを把握し、日ごろから災害に対して備えておくことが大切です。

どこへ逃げればよいかを知る

 広島県が提供する「土砂災害危険箇所図」「高潮・津波浸水想定図」などをもとに、市町がハザードマップ(被害想定範囲を示した地図)を作成しています。「土砂災害ポータル」では、自宅から避難場所までの経路等を自分で書き込み、オリジナルのハザードマップを作成することもできます。あらかじめ具体的な避難場所や避難経路等を決めておくことが大切です。

いつ逃げるかを知る

 防災Webや各ポータルから注意報・警報・特別警報などの発表状況を確認することができます。また、降雨の状況が土砂災害発生のおそれのある水準を超えているか、3時間以内に超えることが予想されるかといった、土砂災害の危険度についても「土砂災害危険度情報」で確認することができます。危険を感じたら早めに避難することが大切です。

ホームページを利用できない場合

 防災Webや各ポータルなどが利用できない場合でも、土砂災害危険箇所図や、土砂災害警戒区域・特別警戒区域図、高潮・津波浸水想定図などは、市役所や町役場で見ることができます。詳しくは市町の防災担当課へお問い合わせください。

高潮浸水想定図土砂災害危険度情報画面土砂災害警戒区域図

[高潮・津波ポータルひろしま] http://www.takashio.pref.hiroshima.jp
[土砂災害ポータルひろしま]  http://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。