ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

建設事業者の経営改善

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月25日更新

広島県が実施している建設事業者向けの経営改善・経営戦略セミナーなどのほか、国やその他団体の公的支援施策、経営相談の窓口など、建設事業者の経営改善に関する情報ページです。

経営改善・経営戦略セミナー

建設産業の現状や事業者の経営状況を踏まえた当面の対応や、将来に向けた経営戦略を考えるに当たって、専門的知識を有する講師によるセミナーを実施しています。

開催予定のセミナー、セミナー参加申込み情報についてはこちら

〔これまで実施したセミナーの主なテーマ〕

  • 建設業者のための経営セミナー(25年度:広島会場で実施)
  • 建設業者のための経営改善と組織再編(25年度:広島、三次会場で実施)
  • 建設業者のための経営分析(23年度:広島、福山、三次会場で実施 / 24年度:三次会場で実施)
  • 中小企業金融円滑化法の出口戦略と企業再編(24年度:広島、福山会場で実施)
  • 新分野進出における販路開拓(24,25年度:広島会場で実施)

経営改善に関する公的支援施策

広島県のほか、国やその他公的団体においては建設事業者が活用できる様々な支援施策を実施しています。

  • 中国地域建設業再生支援協議会
    中国地方における建設産業の再生を支援するため、中国地方整備局等の国の機関、中国地方各県、建設業関係団体などによる、中小企業政策、雇用政策、進出分野等についての支援に係る情報を共有し、とりまとめてお知らせしています。
  • 一般財団法人 建設業振興基金「ヨイケンセツドットコム」
    (一財)建設業振興基金は建設産業の振興に寄与することを目的として国と建設業者団体等からの拠出により設立された団体です。
    新分野進出、財務・経営相談、経営支援、人材教育・研修などの情報の提供や支援施策を実施しています。
  • 中小企業庁
    中小企業者が中小企業支援施策の活用を検討する際に参考となるよう支援施策について必要とする目的別に整理するなどガイドブックが作成されています。
  • 中国経済産業局
    国における中小企業施策、新規創業の促進、技術開発支援などの支援施策に関する情報が提供されています。
  • 独立行政法人 中小企業基盤整備機構中国本部
    (独)中小企業基盤整備機構(中小機構)は経済産業省所管の独立行政法人で、中小企業施策の総合的な実施機関として、創業・新事業展開から事業再生、災害対策などのセーフティネット(安全網)まで、中小企業のライフステージや課題に合わせた支援施策を行っています。
    経営自己診断システム (※ 事業者の財務状況を、業種ごとに診断できます。)

経営相談の窓口に関する情報

事業者の経営状況に応じて相談のできる公的な相談窓口が開設されています。

  • 広島市中小企業支援センター(公益財団法人広島市産業振興センター)
    広島市中小企業支援センターでは、窓口相談や専門家による診断・助言、各種セミナーの開催など、中小企業を支援しています。
  • 中小企業ベンチャー総合支援センター (公益財団法人 ひろしま産業振興機構)
    (公財)ひろしま産業振興機構は県内企業等のさまざまな取組をバックアップする公益法人です。
    相談・アドバイザー事業のほか、補助・助成事業、セミナー・研修等の各種支援事業を行っています。
    特に,技術開発など新たな事業展開に関しては,産学官連携に関する情報提供のほか,知的財産を活用した事業化支援窓口も設けられています。
  • 独立行政法人 中小企業基盤整備機構中国本部
    中小機構中国では、経験豊富な専門家が常駐して、事業者の経営・技術に関するご相談に応じています。
  • 県内各商工会議所による経営改善普及事業
    商工会・商工会議所は「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律」により小規模事業者の経営の改善発達を支援する事業(経営改善普及事業)を行っています。
  • 広島県中小企業再生支援協議会
    中小企業再生支援協議会は、中小企業の再生に向けた取組を支援するため、産業活性再生特別措置法に基づき設置されている公正中立な公的機関です。
    企業再生に関する知識と経験を持つ専門家が、面談・提出資料の分析により、経営上の問題点の提出やアドバイスを行い、必要に応じて再生計画の策定や金融機関との調整を支援しています。

人材確保などの雇用に関する情報

技術者や技能者など、人材に関する情報を提供しています。