ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年12月21日(木曜日)「イクボス推進トーク」を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年12月21日

13時30分,「イクボス推進トーク」を開催しました。
これは,「イクボス同盟ひろしま」の活動の一環として,同盟メンバー企業を私が訪問し,働きやすい職場環境の充実に向けてイクボス推進に取り組む経営者,管理職の皆様と意見交換を行うもので,第1回となる今回は,株式会社マエダハウジングの皆様とディスカッションしました。まずは,県が考えるイクボスの重要性について私からお話しし,イクボスの前田政登己社長から社内の取組を発表いただくとともに,管理職の皆さんから,現場での取組事例として,業務の標準化,情報の共有,男性スタッフの育休取得,技術のIT化などを紹介していただき,皆さんと議論いたしました。最後は,参加していただいた管理職の皆さんにイクボス宣言をしていただきました。働きやすい職場づくりと生産性向上の両方を目指す皆さんお一人お一人の意識がとても高く,とても有意義な意見交換ができたと思います。今回のイクボストークを一つのきっかけとして,社内でのイクボスの取組が加速していくことを大いに期待しています。
イクボス推進トークイクボス推進トークイクボス推進トークイクボス推進トークイクボス推進トーク



18時30分,「U-23サッカー日本代表 森保一監督を激励する会」に出席しました。
森保監督は,サンフレッチェ広島の監督在任中,3度のリーグ優勝を果たされ,今回はその手腕を高く評価されての代表監督就任であると思っています。U-23日本代表は,2020年東京オリンピックに向けたチームであり,自国開催で注目度が高く,さらには結果も求められる代表監督への就任を決断されたことに,心から敬意を表します。監督におかれては,是非とも,1968年メキシコオリンピック以来となるメダル獲得を目指していただきたいと思います。ご活躍を心からお祈りしています。
森保一監督激励会森保一監督激励会森保一監督激励会

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする