ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年10月19日(木曜日)広島県生協連創立50周年記念式典・レセプションなどに出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年10月19日

13時40分,FUJITSUファミリ会2017年度秋季大会に出席しました。
ファミリ会会員企業の皆様,全国より広島へようこそお越しくださいました。広島県では,この10月から,生産量全国1位の牡蠣で皆様をおもてなしする新しい観光プロモーション「カンパイ!広島県牡蠣ングダム」をスタートさせたところです。折角の機会ですので,「牡蠣」を存分にご堪能いただいた上で,「厳島神社」と「原爆ドーム」の2つの世界文化遺産,美しい自然景観や歴史と文化の香る観光スポット,「お好み焼き」や「広島の酒」など,本県の多彩な魅力を存分にお楽しみいただければと思います。さて,広島県では,「欲張りなライフスタイル」の実現を目指し,企業,経済団体,国と連携しながら,「働き方改革」を進めているところです。県庁においても,県職員の働き方改革に率先して取り組むことが重要であると考えており,管理職員のイクボス化などを通じた職場環境づくりや,場所や時間にとらわれずに業務を行う「どこでもワーク」(県庁ではこう呼んでいます)の導入など,ICTを活用した生産性向上と長時間労働の抑制に取り組んでいます。ファミリ会会員の皆様におかれても,ICTを企業活動のみならず,社員の「働き方改革」にも積極的に活用されるなど,働き方改革の取組を更に推し進めてくださるようお願い申し上げます。
FUJITSUファミリ会FUJITSUファミリ会FUJITSUファミリ会

18時,広島県生協連創立50周年記念式典・レセプションに出席しました。
広島県生活協同組合連合会の皆様には,半世紀にわたる生協活動を通じて,県民生活の安定と向上に多大なご貢献をいただくとともに,消費者行政をはじめ,福祉,防災,平和,環境など様々な分野において,格別のご理解・ご協力をいただいており,厚くお礼申し上げます。さて,広島県が目指す「欲張りなライフスタイル」の実現していくためには,その前提として,生命・財産をはじめ,県民の皆様の生活の基盤となる安全・安心の確保が極めて重要となります。こうした中,広島県生協連では,「誰もが安心して暮らせる持続可能な地域コミュニティの再生」を理念に掲げ,消費者被害の防止をはじめとする組合員の暮らしの向上や,平和な地域社会づくりに取り組まれていることは大変意義深く,県としても心強く感じています。この記念すべき50周年を節目に,更に組合員相互の連携強化や地域に密着した活動を進めていただき,「安心な暮らしづくり」に向けて,一層のご理解・ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
広島県生協連創立50周年記念式典・レセプション広島県生協連創立50周年記念式典・レセプション広島県生協連創立50周年記念式典・レセプション

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする