ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年10月18日(水曜日)民生委員制度創設100周年記念広島県大会に出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年10月18日

10時30分,民生委員制度創設100周年記念広島県大会に出席しました。
民生委員・児童委員の地域での活動は,これまでの生活困窮者の支援,一人暮らしの高齢者の見守り,子育てに関する相談援助などに加え,近年では,児童虐待や家庭内での引き込こもり,DVへの対応など,非常に幅広く,また,複雑化しています。こうした中,日々研鑽を積まれ,地域住民の福祉の向上に大きく貢献していらっしゃる皆様には,改めて,深く感謝の意を表するところです。広島県が進める「安心な暮らしづくり」では,行政のみならず企業,関係団体など様々な主体と連携しながら,県民の皆様の自ら社会を支える意志と活力を生かし,地域で安心して暮らしていくことができる地域社会の実現を目指して医療・介護,福祉,防災・減災対策などに取り組んでいます。引き続き,県として全力で取り組んでまいりますので,身近な地域で,人のつながりを築きながら課題の発見と解決を担う民生委員・児童委員の皆様におかれては,今後ともご尽力賜りますよう,お願い申し上げます。
民生委員制度創設100周年記念広島県大会民生委員制度創設100周年記念広島県大会民生委員制度創設100周年記念広島県大会

11時45分,ガストロノミー・パートナーズ株式会社のエルヴェ・クライCEOがお越しになりました。
ガストロノミー・パートナーズは,50年以上の歴史を持つフランス発祥のレストランガイド「ゴ・エ・ミヨ」を発行されいます。この度,日本版の第2号として,「ゴ・エ・ミヨ東京・北陸・瀬戸内2018」を12月上旬に発行されるご予定とのことでご報告いただきました。広島県が進めている「食の魅力向上」の取組に関心を持っていただいたことから今回の発行となったこと,大変感謝いたします。ガイドブックの発行を大きな追い風として,広島の新たな「食」の魅力や瀬戸内の「旅」の魅力について発信を強化し,国内外から多くの方が本県や瀬戸内に訪れていただけるように取り組んでいきたいと思います。
ゴ・エ・ミヨゴ・エ・ミヨゴ・エ・ミヨ


13時,平成29年度広島県食育推進功労者表彰を行いました。
受賞された皆様,この度は,誠におめでとうございます。長年にわたり,本県の食育の推進に多大なご貢献をいただき,深く敬意と感謝の意を表する次第です。さて,県では,食育推進計画に基づいた取組を進めているところですが,なかでも,重点目標としている「減塩」,「野菜摂取量の増加」,「家族と一緒に食事をとる『共食』」については,実践しやすい環境の整備に向け,積極的に進めているところです。こうした食育の推進に当たっては,行政のみならず,家庭や,学校,地域等が連携していくことが不可欠であり,受賞の皆様が実践されてきた地道な取組の積み重ねが何よりも重要であると考えています。県としても,食育に携わっておられる皆様との連携をもとに,県民の皆様の食育への理解・実践につながるよう引き続き取り組んでいきますので,今後とも,本県の食育の更なる推進にお力添えを賜りますようお願い申し上げます。
食育推進功労者表彰式食育推進功労者表彰式食育推進功労者表彰式

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする