ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年7月22日(土曜日)から23日(日曜日)平成29年度サマーセッションに参加しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年7月24日

10時00分,平成29年度サマーセッションに参加しました。
7月22日(土),23日(日)の両日,県庁の部長級職員に集まってもらい,今後,重点的に取り組む施策等について集中的に議論する「サマーセッション」を開催しました。
ほぼ全ての部長参加の下,
・第4次産業革命(Iot・AI活用)における取組
(1)健康・医療・介護
(2)農林水産業
(3)防災・インフラ
(4)人材育成・確保
・スポーツを核とした地域づくり
(5)特定種目によるメッカづくり
(6)地域・国際交流,他分野との融合
の6つのグループに分かれて,現状分析や今後の施策展開等について,熱い議論を展開しました。
テーマを専門とする部長はもちろん,その他の部長を含めて議論することで,これまで気付かなかった新たな視点や課題,その対策が飛び出すなど,多様性に基づく化学反応,イノベーションが巻き起こりました。
また,様々な行政課題に直面する一方で,経営資源が限られる中,数あるオプションから最もの有効な施策を選択することを目指す「エビデンス・ベースト・ポリシー」の研修も行いました。この考え方は,施策によって成果が生まれる(生まれた)という「因果関係」を裏付ける「エビデンス(証拠・根拠)」に基づき,投入資源に対する施策効果の最大化,成果獲得の確実性・再現性を高めようとするものです。学術的な要素もあり,少し難しい課題ではありますが,施策検討に当たって必要不可欠なツールであり,参加者は皆熱心に講義に耳を傾け,試行錯誤しながら演習に取り組みました。
これから,今後の施策展開についての議論が本格化していきますが,今回のセッションで得られた知見を存分に発揮し,ひろしま未来チャレンジビジョンに掲げる目指す姿,目標の達成に挑んでいきたいと思います。
終始熱心に取り組んでくれた部長の皆さん,お疲れ様でした。
【7月22日(土)のセッションの様子】
123

45
【7月23日(日)のセッションの様子】
678

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする