ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年6月12日(月曜日)広島県内陸部振興対策協議会設立50周年記念式典に出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年6月12日

15時45分,広島県内陸部振興対策協議会設立50周年記念式典に出席しました。
広島県内陸部振興対策協議会が50周年の節目を迎えられ,本日,記念式典が執り行われますことを心からお慶び申し上げます。貴協議会におかれましては,昭和42年の発足以来,本県内陸部の振興と発展に多大な貢献を果たしてこられました。歴代会長をはじめ,本県内陸部の県議会議員の皆様,市町村長,市町村議会議長の方々の御尽力に対し,深く敬意を表させていただきます。
本県の中山間地域は,若年層を中心とした人口の流出を背景に高齢化が大きく進み,農林水産業の担い手の不足や空き店舗・空き家の増加など,様々な課題に直面しております。地域に暮らす人々が将来に希望を持って,「笑顔で幸せな生活」を営むことができる中山間地域を目指すためには,中山間地域ならではの良さに共鳴する若者や子育て中の現役世代を呼び込み,多様な主体の交流と協働による自主的かつ自立的な地域づくり活動が活発に行われることが極めて重要であると考えております。
このため,県では,これまで,「ひろしま『ひと・夢』未来塾」により,地域づくりの担い手となる20代から40代の若者層を対象とした研修を行い,人的ネットワークづくりを支援するとともに,今年度から,中国5県が連携し,地域づくりの実践者による相互交流の強化・拡大を図ることとしており,中山間地域の人材育成に積極的に取り組んでおります。
また,本年3月,「ひろしま-さとやま未来博2017」が開幕いたしました。皆様方の御協力を得ながら,様々なプロジェクトを通じて,地域づくりに向けた自主的・主体的な取組が実践されるよう支援するとともに,中山間地域の価値に共鳴する多くの方々が地域を応援し,外からも定期的に関わることによって,持続的な地域づくりにつなげていこうとするものです。11月まで,中山間地域を舞台に展開し,地域づくりの活動の輪を広げてまいります。
本日お集まりの皆様におかれましても,この度の50周年を契機として,それぞれの特色を活かした地域づくりに,今後とも御尽力いただきますとともに,本県施策に対し,より一層の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
終わりに,当協議会のますますの御発展と皆様の御健勝を祈念いたしまして,ごあいさつとさせていただきます。

【記念式典の様子】
123
456

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする