ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年4月25日(火曜日)「広域緊急輸送道路沿道建築物の耐震化に関する協力協定」を締結しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年4月25日

11時40分,一般社団法人広島県建築士事務所協会と「広域緊急輸送道路沿道建築物の耐震化の促進に関する協力協定」の締結式を行いました。
「広域緊急輸送道路」は,大規模地震発生時における救援・救護活動のため,その機能保持が必要であり,倒壊等により道路をふさぐ恐れのある沿道の建築物の耐震化は,非常に重要となります。この度,このような建築物の所有者に対して,協会が中心となり,耐震化に係る制度や技術的な説明を含めた戸別訪問等による普及啓発に御協力いただけることは,大変心強く感じています。
協定の締結を契機として,協会と県の協力関係が更に強まり,県民の皆様が安心して暮らせるよう,一体となって取組を推進していきたいと思います。
締結式1締結式3締結式4締結式2

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする