ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年3月16日(木曜日)第5回バチカンより日本へ祈りのレクイエム日本公演2017

印刷用ページを表示する掲載日2017年3月16日

14時20分,「第5回バチカンより日本へ祈りのレクイエム日本公演2017」関係者の皆様がお越しになりました。
東日本大震災復興支援チャリティーコンサート「第5回バチカンより日本へ祈りのレクイエム」広島講演開催に当たり,バチカン政府を代表して同行されたモンテリーズィ枢機卿,ペザーロ市ヴィミニ副市長,ロッシーニ歌劇場管弦楽団指揮者アジマンさんを始めとする皆様がお越しになり,音楽を通じた慈善活動や平和構築について意見交換させていただきました。
今回お越しいただいた皆様の活動は,被災者の皆さんを勇気付ける大変素晴らしいものであり,敬意を表するとともに,厚く御礼申し上げます。
広島県においては,ピース・アーチ・ひろしまプロジェクトや世界的なピアニストであるマルタ・アルゲリッチさんへの「ひろしま音楽平和賞」の授与など,音楽を通じた平和のメッセージ発信に取り組んでおります。また,広島は人類初の原子爆弾による破壊から復興した地として,国際平和に向けた取組や広島が果たすべき役割を「国際平和拠点ひろしま構想」として取りまとめ,その実現に向けた取組を展開しております。
こうした取組を進める上で,バチカンは極めて重要であり,今回の御訪問を契機として,バチカンの皆様との連携が更に強化されるとともに,是非とも,フランシスコ法王に広島を訪問して世界の平和をお祈りいただき,広島から平和な世界の実現に向けた力強いメッセージを発信いただければと思います。
そのことは,広島県民の願いでもあり,モンテリーズィ枢機卿をはじめ皆様方には,法王の広島訪問について,お力添えいただくことをお願いいたします。

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする