ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年11月29日(火)~12月1日(木)5年ぶりに韓国を訪問しました

印刷用ページを表示する掲載日2016年12月1日

11月29日(火)11時30分,広島空港より10月に就航したエアソウルに搭乗し,韓国を訪問しました。
仁川国際空港に到着後,まず,本県の代理人として観光PR業務等を委託している宮城県ソウル事務所を訪問し,韓国の旅行博出展やインバウンドに係る情報収集などの業務に対するお礼と,訪日観光客の最新状況などに関する情報交換を行いました。
次に,エアソウル本社を訪問し,16時30分からエアソウルの柳光熙代表取締役,17時から錦湖アシアナグループの朴三求会長にお会いしました。平成28年10月20日の広島~ソウル線の就航に対してお礼を申し上げ,また,運航ダイヤについての要望や送客促進への相互協力について意見を交換しました。LCCの就航をきっかけに,今後さらに広島韓国間の交流が進むことを期待します。
エアソウル1エアソウル2

11月30日(水)ソウル市内にて,現地旅行会社向けの広島県観光説明会を開催するとともに,デジタル朝鮮日報などメディアからのインタビューを通じて,広島の魅力を発信しました。欧米からの観光客に比べて,韓国から広島への来客はまだ少ない状況にあります。日本を旅慣れた韓国の皆様にこそ,楽しんでいただきたい,韓国の方にまだあまり知られていない新たな日本の地方の魅力が広島にはありますので,引き続き,エアソウルや韓国の旅行会社のご協力もいただきながら,広島の情報が韓国の皆様に届くようPRを強化していきます。
観光説明会1観光説明会2メディア取材

午後は,日本自治体国際化協会(CLAIR),韓国地方行政研究院(KRILA)及びソウル新聞の共催により「日韓の自治体における少子化・人口減少への対応政策」をテーマに開催された「2016日韓共同セミナー」において,広島県の少子化・人口減少対策について基調講演を行いました。一方で,韓国の自治体における取組の紹介や,行政の政策を研究されている方々の発表など,本県にとりましても参考となる貴重なお話を聞くことができました。引き続き行われた討論では,イクボスの取組は必要だといった意見もいただきました。
日韓共同セミナー1日韓共同セミナー2

12月1日(木)午前,エアソウルを利用して帰国しました。
1時間半程度,またLCCが就航し低価格で行き来ができる広島~ソウル線を,皆様もぜひご利用ください!

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする