ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年10月18日(火曜日)広島・愛媛交流会議に出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2016年10月18日

平成28年度 広島・愛媛交流会議に出席しました。
今年度は,中村愛媛県知事,森田愛媛県商工会議所連合会会頭,深山広島県商工会議所連合会会頭と私の4名が出席して,愛媛県新居浜市で開催されました(愛媛県の主催)。
まず,「別子銅山記念館」の視察では,当時の銅山の様子や西洋から取り入れた最新の採掘技術など,貴重な展示物を拝見させていただき,1690年から280年余にわたり,世界有数の採掘量を誇る銅山として日本経済の発展に大きく貢献されてきたことに感銘を受けると同時に,末永く後世に受け継いでいくべき遺産であると強く感じました。
次に,一宮の杜ミュージアムにおいて,「新居浜太鼓祭り」を見学させていただきましたが,さすが四国三大祭りの一つの最終日というだけあって,観客のにぎわいや太鼓のリズムで,会場は熱気に包まれており,想像を超えるほど大きく豪華な太鼓台と,太鼓台を担ぐ大勢の「かき夫(ふ)」のダイナミックな動きに感動しました。
こうした遺産,伝統的な祭りを魅力の一つとして国内外に発信することで,より一層,この瀬戸内エリアへの観光客の誘致やブランド力の向上につながるのではないかと期待が高まりました。
続いて,交流会議では,
(1)サイクリングを活用した広域観光連携の推進
(2)広域観光周遊ルートの形成促進
(3)広域災害対応における相互支援
(4)移住促進に向けた取組
などについて,率直な意見交換が行われましたが,特に,再来週に迫った「サイクリングしまなみ2016」や平成30年の大規模サイクリング大会など,両県共催のイベントが今後も予定されており,こうした取組を継続して実施していけるよう,愛媛・広島の経済界,行政がともに手を携え,より一層,交流と連携を深めていくことを確認することができました。
中村知事をはじめ,愛媛県関係者の皆さんの御配慮により,本年の広島・愛媛交流会議が大変有意義な場となりましたことを厚くお礼申し上げます。また,森田会頭並びに深山会頭には,御多用の中を御出席,貴重な御意見をいただき,心から感謝申し上げます。
皆さん,本日は,誠にありがとうございました。

【別子銅山記念館での視察】
123
【広島・愛媛交流会議(別子銅山記念図書館)】 
456
(写真右:中村愛媛県知事のあいさつ,写真左:深山広島県商工会議所連合会会頭)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする