ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • トップページ
  • 知事ブログの一覧
  • 平成28年7月20日(水曜日)2016ひろしま総文生徒実行委員と株式会社ローソンが共同開発した広島レモンを使ったスイーツの試食会を行いました

平成28年7月20日(水曜日)2016ひろしま総文生徒実行委員と株式会社ローソンが共同開発した広島レモンを使ったスイーツの試食会を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2016年7月20日

9時35分,2016ひろしま総文生徒実行委員と株式会社ローソンが共同開発した広島レモンを使ったスイーツの試食会を行いました。2016ひろしま総文(第40回全国高等学校総合文化祭)では,県内の高校生が中心となって大会の企画・開催準備を行っており,生徒実行委員企画の一つとして,「大会参加者への広島県産材を使ったおもてなし」「県内全域でのオリジナル商品販売による大会の盛り上げ」を目的として,広島県と包括連携協定を締結している株式会社ローソンとの連携により商品開発を行いました。高校生は「同世代の若者をメインターゲットに広島をアピールしつつ夏に食べたくなるパン・スイーツ」をコンセプトに友人などの需要を聞きながら商品イメージを考え,包装デザイン,商品名等も提案し,打ち合わせ開始から約半年,開発に関わってきました。今回発売される商品は,広島県産のレモン果汁を使ったベーカリー「レモンあんぱん」とデザート「レモンクリーム&塩ホイップのパイシュー」「広島県産レモンの夏プリン」の3品ですが,2016ひろしま総文(7月30日~8月3日)の開催にあわせ,7月26日(火)から中四国エリアのローソン店舗で発売されます。どの商品も広島県産レモンの爽やかな味わいが楽しめる,暑い夏にぴったりの出来栄えだと思います。高校生の意見を反映した商品で2016ひろしま総文の盛り上がりが増すことを期待しています。

12

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする