ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年7月11日(月曜日)夏の交通安全運動が始まりました

印刷用ページを表示する掲載日2016年7月11日

16時,広島県夏の交通安全運動開始式を行いました。今年度は,今後5年間の交通安全対策のマスタープランとなる「第10次広島県交通安全計画」を策定しましたが,この計画の基本理念である「交通事故のない日本一安全・安心な広島県の実現」に向けて,県警察をはじめ,本日お集まりいただいた関係機関・団体の皆様方には,引き続き,御協力をお願い申し上げます。こうした中,県内の交通事故の状況は6月末現在で,昨年と比べ,交通事故の発生件数・死者数・負傷者数のいずれも減少しているものの,亡くなられた方の半数以上は,65歳以上の方であり,高齢者の割合が高くなっております。また,飲酒運転による事故も依然として後を絶たないなど,憂慮すべき状況にあります。こうした状況を踏まえ,本日11日から20日までの10日間実施する『広島県夏の交通安全運動』では,「高齢者の交通事故防止」「飲酒運転の根絶」「自転車の安全利用の推進」を運動の重点とし,夜間歩行中などにおける反射材用品の着用促進,「飲酒運転を絶対にしない・させない」規範意識の確立,自転車利用時における交通ルールの遵守と交通マナーの実践など,交通安全意識の高揚を図ることとしております。このような取組を通じまして,県民の皆様に,改めて,交通安全の重要性を認識していただくとともに,地域においても,自主的な交通安全の輪が広がっていくことを大いに期待しております。

123

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする