ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • トップページ
  • 知事ブログの一覧
  • 平成28年6月10日(金曜日)健康寿命の延伸に向けた糖尿病性腎症重症化予防に係る広島県連携協定締結式を行いました

平成28年6月10日(金曜日)健康寿命の延伸に向けた糖尿病性腎症重症化予防に係る広島県連携協定締結式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2016年6月10日

11時,健康寿命の延伸に向けた糖尿病性腎症重症化予防に係る広島県連携協定締結式を行いました。全国的に高齢化が進む中で生活習慣と社会環境の変化に伴う糖尿病患者数の増加が課題となっており,先般,国レベルでも日本医師会,日本糖尿病対策推進会議,厚生労働省の三者により,糖尿病性腎症重症化予防に係る連携協定が締結されたところです。本県としても,この糖尿病性腎症重症化予防の取組は,健康寿命の延伸とともに,社会保障制度の安定的維持にもつながる重要な取組の一つと考えております。この取組の実施主体は,市町国民健康保険などの医療保険者ですが,対象者は医療機関に通院している糖尿病患者であり,地域の医師会及びかかりつけ医の協力や,糖尿病の専門医等との連携が不可欠です。しかしながら,これまで,具体的な連携方法や効果の検証方法等は,それぞれの地域の関係者に任され,統一的な取扱いがなかったため,医療保険者において,事業に積極的に取り組めない面がありました。このため,連携協定により関係者が一致団結し,県内全域で取り組むことの共通認識を醸成するとともに,適切な保健指導を受けることができる環境を整備することとしました。今回の協定の締結を機に,地域における糖尿病性腎症重症化予防の取組の促進を図り,県民の皆様の健康寿命が延伸されることを望んでおります。

23

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする