ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年6月1日(水曜日)広島県と三井住友海上火災保険株式会社との包括的連携に関する協定締結式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2016年6月1日

16時,広島県と三井住友海上火災保険株式会社との包括的連携に関する協定締結式を行いました。三井住友海上火災保険株式会社の原社長をはじめ,関係者の皆様の御尽力により,こうして「包括的連携に関する協定」を締結できましたことに,厚く御礼申し上げます。さて,本県では,平成21年度から,企業や大学との包括連携協定の締結を進め,県民の皆様へのサービス向上に向けた取組を行っているところです。この度,三井住友海上様に新しいパートナーとして加わっていただきましたが,損害保険会社との包括連携協定締結が初めてということもあり,新たな社会的価値が創出されることを期待しているところです。協定の内容につきまして,私が特に期待しております1点目は,損害保険会社としての長年のノウハウを生かしたリスクマネジメント分野での連携です。県内市町における業務継続計画の策定や運用を御支援いただくことで,県内の危機管理体制の構築が促進されるものと期待しております。2点目は企業に対する経営サポートと,海外ビジネス支援です。三井住友海上様は,損害保険会社としては珍しい経営サポートセンターを運営されており,創業や海外進出など様々な相談・支援活動を行っておられます。こうした経験とノウハウを生かした御協力をいただくことにより,本県が進めている産業イノベーションの取組を加速できるものと期待しております。この度の協定の締結を契機といたしまして,相互に連携し,それぞれの特性や資源を活用した様々な取組を進めることにより,更なる県民サービスの向上と地域社会の活性化につながることを期待しております。

123

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする