ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年5月14日(土曜日)平成28年度「看護の日」広島県大会を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2016年5月14日

13時,平成28年度「看護の日」広島県大会を開催しました。本日,「ひろしまナイチンゲール賞」を受賞された5名の方々におかれましては,保健師,助産師,看護師,そして看護職の育成というそれぞれの立場から,長年にわたり,看護の向上に多大な御尽力をいただきました。これまでの御功績に対し,深く敬意を表します。さて,5月12日の「看護の日」は,近代看護の礎を築いたナイチンゲールの誕生日にちなみ制定され,この時期を中心に,看護に触れるさまざまな行事が県内各地で開催されています。人口減少や少子高齢社会が進行する中にあって,看護の心,助け合いの心を分かち合うことに関心を持ち,理解を深めていただく機会となることを期待しております。県といたしましては,少子高齢社会を支える医療・介護提供体制の構築に向け,効率的で質の高い地域完結型の医療・介護提供体制の充実強化や,地域包括ケアシステムの構築,医療・介護人材の確保・育成などについて,市町・関係機関・関係団体と連携して,重点的に取り組むこととしております。中でも重要な役割を担う看護職員の確保対策につきましては,広島県看護協会をはじめ,関係団体の皆様に御協力をいただきながら,看護職員養成の充実・強化,離職防止,再就業促進及び専門医療に対応する人材の育成などの施策を総合的に推進してまいります。関係者の皆様におかれましては,引き続き,本県の取組に御支援,御協力を賜りますようお願い申し上げます。

123

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする