ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年4月6日(水曜日)春の全国交通安全運動が始まりました

印刷用ページを表示する掲載日2016年4月6日

13時30分,春の全国交通安全運動開始式に出席しました。県内の交通事故の状況は,発生件数・負傷者数・交通事故死者数につきましては,平成27年は,前年と比べて大幅に減少し,死者数は,統計が残る昭和23年以降初めて100人を下回り,過去最少を記録しました。現在,こうした死傷者数等の状況につきましては,昨年同時期に比べ減少しておりますが,亡くなられた方の半数以上は高齢者の方であり,また,記憶に新しいところですが,高速道路において車両火災を伴う多重事故が発生し,多くの死傷者が出るなど,憂慮すべき状況にあります。また,3月には,短期間に死亡事故が集中したことから,知事談話を発表し,県民の皆様の意識を高めていただくことをお願い申し上げているところです。こうした中,本日から15日までの10日間,春の全国交通安全運動が行われます。この運動では「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本としており,新入学児童をはじめ,子供たちに交通ルールの理解と交通マナーの習慣付けを図るとともに,高齢者の方につきましても,夜間歩行中などにおける反射材用品の着用促進など,交通安全意識の高揚を図ることとしております。このような取組を通じまして,県民の皆様に,改めて交通安全の重要性を認識していただくとともに,地域においても自主的な交通安全の輪が広がっていくことを大いに期待しております。

123

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする