ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年11月25日(水曜日)再犯防止キャラバンIN広島の訪問がありました

印刷用ページを表示する掲載日2015年11月25日

14時30分,再犯防止キャラバン隊の訪問がありました。岩城法務大臣をはじめキャラバン隊の皆様が,日頃から「世界一安全な国,日本」の実現に向けて,再犯防止対策を強力に推進しておられますことに,心から感謝いたします。広島県では,「なくそう犯罪」ひろしま新アクション・プランのもとに様々な施策を展開中であり,ピーク時の平成14年に約6万件あった刑法犯認知件数が,昨年末には約2万1千件と,戦後最少件数を4年連続で更新するなど,着実な成果を上げてきております。しかしながら,青少年がインターネットを利用して犯罪に巻き込まれる事案が増加しているほか,高齢者を対象とした特殊詐欺の被害が増加して,昨年は,県内の被害額も16億円を超えるなど,依然として,県民の安全・安心が脅かされている状況にあります。こうした中,県では,3月に,第2次「広島県子ども・若者計画」を策定し,不登校,ひきこもり,非行等の状況にある子供・若者の支援に一層力を注ぐとともに,とりわけ教育,福祉,保健・医療,雇用等の各分野の相談機関・団体等が連携して,子供・若者を支援するネットワークの充実に取り組んでおります。本日は,岩城法務大臣をはじめ,キャラバン隊の皆様と本県の現状を交えながら,率直な意見交換をさせていただきました。今後の活動に生かしていきたいと考えておりますので,どうぞよろしくお願いします。

123

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする