ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年9月10日(木曜日)鳥取・広島両県知事会議を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2015年9月10日

 鳥取・広島両県知事会議は開催地を鳥取と広島の交互に変えながら毎年開催しているもので,今回は鳥取県の平井知事を広島県の尾道市にお迎えして開催しました。せっかくの機会でもあり,会議に先立ち,平井知事を尾道市内のサイクリスト向けの宿泊施設である「ONOMICHI U2」と尾道空き家再生プロジェクトにより尾道の歴史を伝える町家をゲストハウスとして再生された「あなごのねどこ」にご案内しました。視察後は渡船を使って尾道水道を渡り,会議会場となる平山郁夫美術館に向かいました。

12345

 13時,平山郁夫美術館に到着,平山館長のご案内で美術館内を見学した後,同美術館の第三展示室をお借りして鳥取・広島両県知事会議を開催しました。会議では広島県から地方創生の実現に向けた取組や女性の活躍促進,さらに障がいのある方が暮らしやすい社会をみなさんと一緒につくっていくことを目的とした「あいサポート運動」の取組強化について提案しました。鳥取県からは県境を越えた広域のサイクリングルートの設定などサイクリングを活用した観光連携や自立援助ホームの連携を中心に要保護児童に対する支援について,また鳥取県が導入を検討されているドクターヘリの中国地方全体での広域連携の推進について提案をいただき,忌憚のない意見交換を行いました。引き続き二県で協力連携して様々な行政課題の解決に取り組んでいくことを確認して会議を終了しました。平山先生の作品に囲まれ,最後まで心穏やかな気持ちで会議を行うことができました。会議の開催にご協力をいただきました平山郁夫美術館の関係者の皆様に,この場を借りて厚くお礼申し上げます。

678

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする