ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年8月30日(日曜日)「ひろしま里山ウェーブ」オープンセミナーを開催しました

印刷用ページを表示する掲載日2015年8月30日

 12時15分,東京都渋谷区猿楽町にある代官山T-SITE GARDEN GALLERYにおいて「最高のフィールドで100年続く未来を描こう!」をテーマに「ひろしま里山ウェーブ」オープンセミナーを開催しました。このセミナーは,広島県の魅力の宝庫でもある豊かな里山に,ソーシャルな若い世代を中心とする,「人が集まる波を起こしていこう」という趣旨で名前をつけており,これから県が取り組もうとするプロジェクトのキックオフイベントとして開催しました。セミナーは,2部構成で開催し,第1部は私と雑誌「ソトコト」の指出編集長と東京から広島に移住され様々な風景写真で御活躍の宮川トムさんの3人で,また14時からの第2部ではスケジュールの都合で出席できない私に変わり,コミュニティデザイナーの山崎亮さんに登壇をお願いして,広島をもっと面白く変えていくためのトークセッションを行いました。本県の過疎地域を中心とする中山間地域には,「海・島・山」のすべてが揃った豊かな自然環境があり,神楽や鵜飼,花田植えなど古くからの伝統文化が今日まで大切に受け継がれてきています。一方で,地域を取り巻く生活環境は,若い世代の人口流出を背景に集落の高齢化が進み,コミュニティを維持していく上で深刻な局面を迎えています。こうした状況を克服し,未来に向けて,持続可能な地域づくりを進めていくために,県では昨年12月に「広島県中山間地域振興計画」を策定しました。今年度は,この計画に沿った取組の「実行元年」です。なかでも,これからスタートする「里山ウェーブ」の取組は,あらゆる分野の原動力となる「人づくり」に直結するものです。会場にお越しいただいた方々をはじめとして,多くの方のご参加をお待ちしています。

312456

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする