ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年4月1日(水曜日)新年度が始まりました

印刷用ページを表示する掲載日2015年4月1日

10時30分,新規採用職員へ辞令を交付しました。フレッシュな新規採用職員が県庁に入庁してくれたことを本当に嬉しく思います。これから県庁に慣れて様々な仕事をして,経験していく上で,色々なことを学んでいく必要がありますが,基本となる心得について3点お話ししました。1つは「3つの視座」です。これは私が知事として職員全員にお願いしているもので,「真の県民起点の徹底」,「現場主義」,「予算志向から成果志向への転換」というものです。次は広島県職員の行動理念です。この行動理念の中に,「私たちの使命」という部分があり,それは,「地域社会全体の価値を高め発展させ,そして将来にわたって広島に生まれ,育ち,住み,働いて良かったと心から思える広島県を実現していく」というものです。最後は「ひょっとしたら間違っているかも」ということを恐れず,フレッシュな眼と力で,自分の思うことを進めてほしいということです。一緒に素晴らしい広島県を作っていきましょう。

213

11時30分,年度始め式を行いました。今年度重点的に取り組むべき項目である「災害に強いまちづくり」「地方創生」「広島の使命,国際平和拠点広島の推進」について,また「3つの視座」と「3つの心がけ」,そして広島県職員の行動理念の徹底について職員に伝えました。今年,広島で話題になっているのはカープの優勝に対する期待でありますが,広島県も地域間競争で優勝できるように,今年1年は非常に大きな節目となります。最後は,このペナントレースで広島県が優勝できるように,頑張ろうコールで締めました。

456

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする