ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年3月22日(日曜日)中国横断自動車道尾道松江線開通式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2015年3月22日

 10時15分,来賓の方を含め多くの方にお集まりいただいて,三次市民ホールにおいて中国横断自動車道尾道松江線の世羅インターチェンジから吉舎インターチェンジ間の開通式を行いました。尾道自動車道と松江自動車道からなる中国横断自動車道「尾道松江線」は,今回の開通により全線開通することとなり,山陽と山陰を結ぶ大動脈というだけではなく,瀬戸内しまなみ海道と一体となって太平洋と日本海を結ぶ大きな軸となって,沿線地域の産業・経済・文化の活性化など地域社会の発展に大きく寄与していくものと考えています。事業主体として整備に御尽力いただいた国土交通省をはじめ,本事業に多大な御理解と御協力をいただいた地元関係者の皆様や工事関係者の皆様に,心から感謝いたします。また,この度の開通により,先週,全線開通した東広島・呉自動車道と合わせて,広島県の広域的な交流・連携の基盤となる「井桁状の高速道路ネットワーク」が完成し,地域間の移動時間が大幅に短縮されます。こうした効果により,中四国地方から「ひと」や「モノ」が集まり,広島県の中枢拠点性が高まることで,都市間交流や,物流などの経済交流の活発化,観光振興の促進など,地域の活性化に大きく貢献するものと考えています。今後もこれらの高速道路ネットワークを活かして県内の各地域が,活力に満ち,個性ある,豊かな地域となるよう,全力で取り組んでいきます。

123

 13時15分,場所を世羅インターチェンジに移して,祝賀行事を行いました。アトラクションとして,世羅町の方による「せらまち音頭」が披露されるとともに,来賓の方々と共にテープカット,久寿玉開披を行い,地元の方々と一緒に開通をお祝いしました。その後開通を記念して,甲山小学校の鼓笛隊の先導により吉舎インターチェンジまでパレードを行いました。途中たくさんの地元の方から手を振っていただき,皆様の期待の大きさを肌で感じました。この期待に応えるためにも高速道路ネットワークを活かした取組や市町へのサポートをさらに進めていきたいと思います。

456

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする