ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成27年1月14日(水曜日)「イクボス」宣言しました

印刷用ページを表示する掲載日2015年1月14日

 13時,県庁においてNPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤哲也さん立会いの下,イクボス宣言しました。イクボスとは,部下のワーク・ライフ・バランスを考え,その人のキャリアと人生を応援しながら,組織の業績も結果を出し,自らも仕事と私生活を楽しむ上司のことです。県としてこれまで「いきいきパパの育休奨励金制度」などにより男性の育児参加を応援してきました。また経営者自らが行動することにより,企業ぐるみでイクメンを増やす取組を行うイクメン企業同盟を平成26年3月に結成し,社会全体の男性の意識改革や行動変容を促し,男性が積極的に育児をする社会の構築に取り組んでいます。安藤さんからは今は育児が中心であるが,高齢化が進んだ社会においては,親の介護といった問題も出てくる。いかに家庭と仕事を両立するかということは子育て世代だけではなく,多くの人が近い将来に直面してくる問題であるといった助言などをいただきました。イクボス宣言にもあるように,県内にイクボスを増やすため,企業等への働きかけを積極的に行い,子育てしやすい広島県の実現に向け全力で取り組んでいきたいと思います。

123

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする