ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年5月31日(土曜日)子育て同盟サミットinながのに出席しました

印刷用ページを表示する掲載日2014年5月31日

 平成25年4月に人口減少、少子化に歯止めをかけようと、少子化問題に危機感を持ち、子育て支援施策に意欲的に取り組む県による「子育て同盟」(宮城県、長野県、三重県、鳥取県、岡山県、広島県、徳島県、高知県、佐賀県、宮崎県の10県でスタート)の活動の一環として,長野県において開催された「子育て同盟サミットinながの」に出席いたしました。

 まず,このたび,新規で「子育て同盟」に山口県が新たに加入されました。お隣の県ということもあり,とてもうれしく,村岡山口県知事と情報共有しながら切磋琢磨し,本県の子育て施策を更に磨きをかけたいと思います。

12

 次に「子育て応援企業」の表彰では3社が表彰され,本県の(株)サタケさんが優秀子育て応援企業賞に選ばれました。(株)サタケさんは,社内の施設を利用して社内保育室を設置や家族手当の充実,更に男性社員の育児休暇取得の推進などが評価されたものです。(株)サタケ様おめでとうございます。

223

 そして,首脳会議の冒頭に森まさこ大臣から「地方と国が両輪となって少子化危機と呼ばれる状況を変えていきたい」とあいさつをいただきました。子育て同盟発足後,森まさこ大臣と子育て同盟で数回会合を重ね,子育て支援に不足していた財源の課題など議論した結果,今年度から地方には国から「地域少子化強化交付金」が創設されています。森まさこ大臣のご尽力に感謝をしております。

1

 助産院「ばぶばぶ」院長の小林寿子さんから「10人育児中!助産師と母親の立場から見た出産、子育て」と題して,講演されました。「現在,育児に悩んでる方が沢山いる。」でも「本来育児はとても楽しいことなんだ。」,「完璧な育児などない。」特に印象的だったのが次の言葉,「あんた、哺乳類やろ、大丈夫やて」と。行政の施策として,育児情報の提供や悩んでいる方へのフォローも重要であることを再認識した貴重なお話でした。

2

 そのほか,森まさこ大臣,小林寿子さん,各県知事による子育て議論を行い,最後に「ながの声明」を発表しました。

152

  ながの子育て声明 

~極点社会を反転~

我が国の少子化が止まらない! 人口減少により、将来、
地方自治体の約半数「896」が消滅する可能性があると
の報告が出され、全国に衝撃を与えた。

今、我々は、日本存続の大きな岐路に立たされている。
人口減少の継続及び加速は、日本の存立にかかわる
危機であるとの国民の共通認識を醸成し、国と地方自治
体が一丸となって対処する必要がある。

先人が幾多の困難を乗り越え、今日の日本の繁栄を築
いたように、我々は、少子化をストップさせるための断固た
る覚悟を示し、あらゆる叡智を結集し、スピード感を持って
決断し、取組を加速度的に強化させるべきである。

地方の現場に身を置く、我々11名の知事は、極点社会
を反転させ、結婚し、子どもを育てることに幸せを感じられ
る社会を実現するため、結婚支援、移住促進、子育て支
援に全力で取り組むことを宣言する。

だから、結婚しよう! 好きな人と。
 移住しよう! 好きな地方(ところ)へ。
子育てしよう! 大好きだから。

0

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする