ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年1月14日(火曜日)「瀬戸内しまのわ2014」ラッピング電車出発式

印刷用ページを表示する掲載日2014年1月14日

 今年は,瀬戸内海国立公園指定80周年を迎えることから,広島県と愛媛県が連携をして3月21日から10月26日まで,約7か月間にわたって「瀬戸内しまのわ2014」を開催いたします。その広報活動の一環として,本日10時,広島駅南口にて,瀬戸内しまのわ2014「ラッピング電車」出発式を行いました。「瀬戸内しまのわ2014」は,期間中,広島県と愛媛県で100以上の楽しいイベントが繰り広げられ人々の和で島の和をつなぎ,地域振興や観光振興を目指しています。瀬戸内の穏やかな気候,美しい景観,豊かな自然,おいしい海の幸や柑橘の恵み,そして地域の歴史や文化,伝統など日本中の人々に知っていただくために,両県や各市町,地域の企業や住民の皆様と一丸となって多様なイベントを実施いたします。県民の皆様も,各イベントにこれ非お越しください。(しまのわ2014のHPはこちらです外部リンク

122

 16時,第1回中山間地域振興協議会を開催しました。昨年10月に,豊かで持続可能な中山間地域を実現することを目的とし,「広島県中山間地域振興条例」を制定しました。今後,この条例に基づいて,中山間地域の振興に関する総合的な計画を策定し,当該計画に基づいて施策を進めるため,本日の協議会では,県と町とで,中山間地域の現状認識と課題,中山間地域の価値・目指すべき姿に関して認識の共有化を行いました。また,引き続き開催した第3回県・市町共同会議では,県から「県政運営の方針」などについて,町から「防災・減災対策の推進」について説明を行い,活発な意見交換を行いました。今後とも各町と対話しながら連携していきたいと思います。

260114260114-1260114-2

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする