ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成26年1月6日(月曜日)平成26年仕事始め式を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2014年1月6日

 9時,県庁講堂にて二期目の任期の最初の仕事始め式を行いました。 まず,「挑戦とスピードへの挑戦」を第一期目のマニフェストに掲げていたが,私自身のスピード感が鈍っているのではないかと反省しており,これからの四年が,これまでの四年より遅くてはいけない。改めてこれまで以上のスピード感を持って,進めていきたいので職員に覚悟を決めていただきたいということ。そして,「真の県民起点の徹底」,「現場主義」,「予算志向から成果志向への転換」,「広島県職員の行動理念」という基本に加えて卓越により,他より優れた成果を目指すこと。更に,「リーダーシップの発揮」ということで,「リーダーシップ」というのは,成果目標を明確にして,その達成に必要なことを自らの役割を意識しつつ,主体的に行おうとする態度や姿勢であり,日本一強い県庁を実現するためには「リーダーシップ」を発揮するのは誰なのか。それは知事だけではなく,職員全員が「リーダーシップ」を発揮することが不可欠であるということなどを職員へ伝えました。

 今後四年を含めて,広島県職員全員が一丸となって,広島県民のため,また広島県という地域のために全力を尽くしてまいります。

231

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする