ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年3月1日(火曜日)「イクちゃんち」開園セレモニーを行いました

印刷用ページを表示する掲載日2016年3月1日

12時20分,広島県・広島銀行事業所内保育施設「イクちゃんち」の開園セレモニーを行いました。本日は「イクちゃんち」の愛称の名付け親である,大久保果澄さんも小学校から駆けつけてくれました。事業所内保育施設は,今年度スタートした子ども・子育て支援新制度の中で,面積や人員の基準を満たし,地域の乳幼児を受入れることで,所在市町の認可を受けて,公費により運営できる,新たな枠組みとして位置付けられました。「イクちゃんち」は,この制度を活用して,県庁舎内に支店を置く広島銀行さんと共同で設置するもので,県や広銀,地域の乳幼児の保育の受け皿となることはもとより,共同設置のモデルケースとして,複数の企業が同居するオフィスビルや工業団地などにおける共同開設など,広く県内企業において開設が進むことを期待するものです。また,本県におきましては,昨年10月に「ひろしま未来チャレンジビジョン」を改定し,新たに「仕事でチャレンジ!暮らしをエンジョイ!活気あふれる広島県」を目指す姿として,仕事も暮らしもどちらもあきらめずに追求する欲張りなライフスタイルの実現に向けて,本格的に取組をスタートしました。「イクちゃんち」は,まさに,仕事と子育てを両立する欲張りライフをサポートするものであり,このような施設が増えていくことで,県民の皆さんの生活が充実していくことを望んでおります。開園に際し,御尽力いただきました関係者の皆様に感謝を申し上げますとともに,「イクちゃんち」に入園する子供たちが楽しい園生活を送り,保護者の皆さんが安心して子供さんを預けて働くことができますよう願っております。

123

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする