ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 信岡家住宅東の蔵
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 信岡家住宅東の蔵

信岡家住宅東の蔵

【解説】
 主屋の南東方に位置し,西向きに建つ。桁行13m,梁間5.1m,切妻造,本瓦葺の2階建土蔵で,もとは米蔵であったと伝えられる。
 建物内部は,南北に分割されており,西面に土間庇を付け,南東端には東門と呼ばれる通用門が接続している。外部は黒漆喰塗で,腰部や水切りの小庇の上部等に海鼠壁をまわして,重厚な造りとしている。
 『操出記録(とりだしきろく)』によれば,文政8年(1825)に東の蔵が焼失し,翌文政9年(1826)に主屋とともに再建したことがうかがえる。

名称信岡家住宅東の蔵
よみがなのぶおかけじゅうたくひがしのくら
指定国登録
種別
種類建造物
所在地福山市新市町
員数1棟
指定年月日【登録年月日】平成20年4月18日
構造形式土蔵造2階建,本瓦葺
東門:木造,桟瓦葺,間口1.9m
法量建築面積66平方メートル
公開状況外観公開(ただし敷地内立入禁止)
交通案内○JR福塩線「戸手駅」から北西に約450m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。