ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 堂々川二番砂留
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 堂々川二番砂留

画像はありません

【解説】
一番砂留の約180m上流に位置する。西袖部は,壁体を乱積(らんづみ),隅部を算木積(さんぎづみ)とし,その東側は谷積(たにづみ)壁体で水叩(みずたたき)の機能を持つむくりつきの石積躯体を腹付けしている。異なる石積構法に,石積技術の時代的特色を示す。

名称堂々川二番砂留
よみがなどうどうがわにばんすなどめ
指定国登録
種別
種類建造物
所在地福山市神辺町湯野
員数1基
指定年月日【登録年月日】平成18年8月24日
構造形式重力式石造堰堤,江戸時代後期築造・大正時代前期改築
法量堤長25.8m,堤高3.9m
公開状況常時公開
交通案内○JR「福山駅」から井笠バス「福山-井原線」で「湯野入口」下車。徒歩20分。
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。