ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 堂々川一番砂留

画像はありません

【解説】
芦田川水系堂々川に江戸時代に建設された砂留の中で,最下流に位置する。当初築かれた堰堤の東袖部に当たる。
大型の花崗岩を用いて空石積(からいしづみ),布積(ぬのづみ)で築いた石積壁体の上部に,割石を段状に積み上げる。近世に遡る石積堰堤の遺構として貴重。

名称堂々川一番砂留
よみがなどうどうがわいちばんすなどめ
指定国登録
種別
種類建造物
所在地福山市神辺町湯野
員数1基
指定年月日【登録年月日】平成18年8月24日
構造形式重力式石造堰堤,江戸時代後期築造・明治時代増築
法量堤長9.6m,堤高3.2m
公開状況常時公開
交通案内○JR「福山駅」から井笠バス「福山-井原線」で「湯野入口」下車。徒歩20分。
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする