ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 時報塔
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 時報塔

時報塔

【解説】
高さ7.8mの塔状の鐘楼で,上部にアメリカ製の鐘が懸けられている。大正11年(1922),旧志和堀村在郷軍人会が定時励行を目的に建設した。上部を木造とする他はコンクリート造で,壁面に凹凸をつけ石造風につくる。鐘の上部にはサイレンが取り付き(昭和17年〔1942〕頃の改造),現在でも時を告げる塔として機能し,広く親しまれている。

名称時報塔
よみがなじほうとう
指定国登録
種別
種類建造物
所在地東広島市志和町
員数1基
指定年月日【登録年月日】平成9年9月3日
構造形式鉄筋コンクリート造,大正11年建設
法量高さ7.8m
公開状況常時公開
交通案内○山陽自動車道「志和IC」から北東へ約7km
○JR「八本松駅」から「志和循環線」バスで「志和堀」下車,約550m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。