ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 三次市歴史民俗資料館(旧三次銀行)
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 三次市歴史民俗資料館(旧三次銀行)

画像はありません

【解説】
当初銀行の社屋として建てられ,現在は三次市歴史民俗資料館として利用されている。入口正面のカウンター奥に窓口事務室が広がり,二階部分をバルコニーの付いた吹き抜けとしている。簡素ではあるが柱頭飾りなどのアクセントのある外観で親しまれている。

名称三次市歴史民俗資料館(旧三次銀行)
よみがなみよししれきしみんぞくしりょうかん(きゅうみよしぎんこう)
指定国登録
種別
種類建造物
所在地三次市三次町
員数1棟
指定年月日【登録年月日】平成9年5月7日
構造形式鉄筋コンクリート造,2階建,陸屋根,昭和2年建築
法量建築面積190平方メートル
公開状況開館時間:10時~16時30分,休館日:毎週月曜日・祝日,年末年始(12月28日~1月4日)
入館無料
交通案内○JR「三次駅」から「三次市内循環」バスで「商工会議所前」下車,東へ約300m
○JR「三次駅」から「赤名君田・三次方面行」バスで「三次小学校前」下車,東へ約450m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。