ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 本郷獅子舞
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 本郷獅子舞

画像はありません

【解説】
毎年7月10日に近い日曜日に,悪魔払いと虫送りの祈願をあわせて,神幸神社の舞殿と神社の氏子の家(当宿(とうや))で舞うものである。氏子は麦初穂を供え,獅子かぶりをしてもらい無病息災を祈る。
この獅子舞はそれ自身で独立した芸能の形をとっている点が珍しく,また獅子の顎を烈しく打ちならす芸態の独自性や,歴史的な変遷がはっきりしている点などが貴重である。

名称本郷獅子舞
よみがなほんごうししまい
指定県指定
種別無形民俗文化財
種類
所在地安芸高田市美土里町津間八幡神社
員数
指定年月日平成7年1月23日
構造形式
法量
公開状況7月10日前後の日曜日
交通案内○中国自動車道高速バス停「美土里」下車,北へ約5km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。