ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 忠海の祇園祭みこし行事
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 忠海の祇園祭みこし行事

忠海の祇園祭みこし行事

【解説】
祭礼行事の中心となるのがみこしで,輿守(こしもり,二十歳になった青年が選ばれる)にひかれて町内を練り歩く際,新町,浜町,内堀,栄町など特定の場所で,みこしの「祇園まわし」が行われる。「祇園まわし」は,輿守たちが宰領の采配によって舁(か)く位置を目まぐるしく変え,みこしを上下左右に動かすもので,みこしは横になったり縦に立ち上がったりする。これは御祭神に退治された八岐大蛇を模したものという。「祇園まわし」は,広い道路はそれほどでもないが,狭い小路では屋根すれすれにまわされるが,そのまわし方は珍しくまた巧妙で,勇壮な夏祭にふさわしい。
神社の祭礼にみこしが出る所は県内に多数あるが,忠海町の祇園社のみこしのように勇壮な動きをするものは珍しい。何よりも町内全体が祭礼に参加し,その祭礼行事の主なものが古い記録のとおりに行われている点は,評価されてよい。 

名称忠海の祇園祭みこし行事
よみがなただのうみのぎおんまつりみこしぎょうじ
指定県指定
種別無形民俗文化財
種類
所在地竹原市忠海町開発八幡神社
員数
指定年月日昭和59年11月19日
構造形式
法量
公開状況7月中旬の日曜日(見頃は午後3時頃)
交通案内○JR「忠海駅」から北へ約400m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。