ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 中庄神楽
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 中庄神楽

画像はありません

【解説】
毎年4月15日と10月15日に中庄八幡神社に奉納される神楽である。本神楽団には「昭和3年5月上旬」に宮地左近春光の書写した「神楽台本」が保存されており,記述によれば安政7年(1860)のものと推定される。
本神楽団はこの台本に記載された演目をすべて上演でき,荒神神楽の古型を保っている点で貴重である。
なお,本神楽と同じく「十二神祇」を称するものに,豊田郡瀬戸田町の生口島名荷の荒神神楽がある。

名称中庄神楽
よみがななかのしょうかぐら
指定県指定
種別無形民俗文化財
種類
所在地尾道市因島中庄町中庄八幡神社
員数
指定年月日昭和57年2月23日
構造形式
法量
公開状況春まつり4月15日に近い土曜日と日曜日。土曜日夜殿20時~ 日曜日12時~16時
秋まつり10月15日に近い土曜日夜殿19時~ 
2月3日年越祭15時~
交通案内○JR「尾道駅」,「新尾道駅」から「因島土生港行」バスで西瀬戸自動車道「因島北I.C」から5分
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。