ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 佐々部神楽
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 佐々部神楽

佐々部神楽

【解説】
毎年9月22日の夜,佐々部八幡神社へ奉納される神楽で,神楽団所有の明治13年(1880)の墨書がある「神楽台本」には,「神降し」以下19曲の演目の詞章が記載されていて,それらは村内の築地某が,石州邑智郡上田村大宮司三上紀伊守真名井から教えられた旨が記されているから,本神楽は,石見神楽の阿須那系の正統を伝えるものと評価される 。

名称佐々部神楽
よみがなささべかぐら
指定県指定
種別無形民俗文化財
種類
所在地安芸高田市高宮町佐々部八幡神社
員数
指定年月日昭和54年3月26日
構造形式
法量
公開状況10月第2土曜日に高宮ハーモニー広場で開催される「神楽まつり 高宮神楽」で公開
交通案内○中国自動車道「高田I.C」から車で10分
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。