ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 神楽―五龍王―
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 神楽―五龍王―

神楽―五龍王―

【解説】
地元では,かって「川井の舞」と称していたという,この神楽は,秋祭りの氏神の水内八幡神社や和田郷一帯の神社で舞われる。
五龍王は,他の地方で王子神楽とか五行祭とか言われている舞で,五人の龍王が遺産配分について四と一に分かれて争い(皇子道行)激しい戦いののち(八ッ花・白湯・五刀)あい和解する(皇子合戦)という一連の長い神楽である。

名称神楽―五龍王―
よみがなかぐら―ごりゅうおう―
指定県指定
種別無形民俗文化財
種類
所在地広島市佐伯区湯来町水内八幡神社
員数
指定年月日昭和38年4月27日
構造形式
法量
公開状況随時(必要に応じて)
交通案内
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。