ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 神楽―神降し―

神楽―神降し―

【解説】
この舞は,毎年秋に桑田八幡神社で舞われている。地方によっては塩祓・潮祓・四方祓などとも言われ,神楽を奉納するにあたり,神楽殿を祓い清め,天神地祇(てんしんちぎ)の降臨を願う舞いにある。
舞は二段からなり,第一は祓の舞,第二は降神の舞で,舞子は面をつけず,直垂(ひたたれ)を着て手に幣(へい)と扇子を持って荘重に舞う。

名称神楽―神降し―
よみがなかぐら-かみおろし-
指定県指定
種別無形民俗文化財
種類
所在地安芸高田市美土里町桑田八幡神社
員数
指定年月日昭和29年4月23日
構造形式
法量
公開状況38260
交通案内○中国自動車道高速バス停「美土里」下車,北へ約12km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする