ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 二級峡
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 二級峡

画像はありません

【解説】
二級峡は,黒瀬川によって浸食された花こう岩の基盤からなる峡谷である。長さが1kmの短い区間であるにもかかわらず,峡中には二級滝(幅3m,上段の高さ21m,下段の高さ22m)をはじめ,霧滝・うず滝などの滝が多く,うっそうとした植物相がこれに調和して峡谷美をなしている。峡谷の源頭右岸には,最初の流路が跡をとどめ,さらに現流路に変わるまでに,はたご淵から白滝へ向う流路があり,河川の浸食の進行に伴う落ち口の変遷の跡が明らかである。その河底には基盤岩の節理に沿って,無数の甌穴群があり,小は径20~30cmのものから,大は10m余(はたご淵うず淵)のものまであり,甌穴の成長する過程をよく示している。 

名称二級峡
よみがなにきゅうきょう
指定県指定
種別名勝・天然記念物
種類
所在地呉市広町,郷原町
員数
指定年月日昭和24年10月28日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「呉駅」から「黒瀬方面行」バスで「広二級峡」下車,南へ約400m
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。