ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 北村神社の巨樹群
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 北村神社の巨樹群

北村神社の巨樹群

【解説】
道後山の麓にある北村神社境内(413平方メートル)には見事な巨樹群が形成されている。イチイ・スギ・トチノキ・エノキの4樹は稀にみる大木で,樹高は,イチイ約17m,スギ約27m,トチノキ約22m,エノキ約22m,クヌギ約23m,オオモミジ約20m,胸高幹囲は,イチイ4.4m,スギ3.85m,トチノキ4.15m,クヌギ1.96m,オオモミジ2.35mである。樹齢はいずれも300年を超えるものと推定される。

名称北村神社の巨樹群
よみがなきたむらじんじゃのきょじゅぐん
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地庄原市西城町
員数
指定年月日昭和53年10月4日
構造形式
法量
公開状況常時公開。
交通案内○JR「備後落合駅」から東北へ約9km
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。