ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地ホットライン教育ひろしま > 広島県の文化財 > 広島県の文化財 - 仙酔島の海食洞窟
文化財の紹介
インフォメーション
広島県遺跡地図
リンク集

広島県の文化財 - 仙酔島の海食洞窟

画像はありません

【解説】
仙酔島の地質は,全島中生代白亜紀(1億4300万年前~6500万年前)に噴出した流紋岩および凝灰質岩により構成されている。本島周辺海岸の断崖には,ところどころに波浪の浸食作用をうけてできた大小の海食洞窟,洞門や離れ島が認められる。しかし,これらの洞窟や洞門の下底は,いずれも満潮水位面より約2~4mの高位にあって,現在は波浪の浸食作用をあまり受けていないものである。したがって,これらの海食洞窟や洞門は,有史時代またはそれ以前に形成されたもので,その後に海水面が低下したか,または地盤が隆起して,現在に至ったものと推定される。

名称仙酔島の海食洞窟
よみがなせんすいじまのかいしょくどうくつ
指定県指定
種別天然記念物
種類
所在地福山市鞆町
員数
指定年月日昭和41年9月27日
構造形式
法量
公開状況常時公開
交通案内○JR「福山駅」から「鞆港行」バスで「鞆港」下車,渡船場から船に乗り5分
関連施設名称
開館時間
休館日
入館料
所在地
電話番号
交通案内

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。